にルーラーを挿入する方法 Word. あなたは使用したい  仮想ルール Wordでの参照用ですが、方法がわかりません。

良いニュース:Wordには、数秒でアクティブ化できる機能が組み込まれています。 Wordにルールを挿入し、  何もダウンロードする必要はありません。

Word for PCに定規を挿入する方法

あなたがする必要があります またはコンピュータを使用して他のパーソナライズされた資料なので、このプラットフォームでルールをアクティブ化することは非常に便利ですか?

次に、これはあなたのためのセクションです:以下で私はこれを行う方法を説明します Windowsの場合、 MacOSの そして Wordのオンライン版.

Word for Windowsにルールを挿入する

Wordにルールを挿入する パラ Windows とても簡単です。

プログラムを開始したら、アイコンをクリックして作成します Documento  空の、またはPCにすでに保存されているWordファイルを開きます。

次に、タブをクリックします ビスタ 上部にあり、アイテムの横にチェックマークを付けます 定規 そして出来上がり:水平定規がすぐに画面に表示されます!

注意 :Wordを小さな画面または小さなウィンドウで使用している場合、タブに移動した後 ビスタ、ボタンをクリックする必要があります ショーショー ルールのチェックボックスをオンにします。

垂直定規を使用する必要がある場合は、次の操作を実行できます。タブに戻る ビスタボタンをクリックしてください ショー、必要に応じて、アイテムの横にチェックマークを付けます ナビゲーションパネル.

その直後に、前述のボックス(たとえば、ドキュメントの章間をすばやく移動するのに便利)と垂直ルーラーの両方がWord画面に追加されます。

一方、ナビゲーションペインを表示せずに、垂直ルーラーと水平ルーラーを表示する場合は、適切なオプションを有効にする必要があります。タブをクリックします。 記録Wordウィンドウの左上隅にあるアイテムをクリックします opciones y 詳細設定、識別 訪問 記事の横にチェックマークを付けます 印刷デザインビューで垂直定規を表示する.

常に同じセクションから、必要に応じて、参照測定単位(インチ、センチメートルなど)を変更できます。

Word for Macに定規を挿入する

するための手順 Wordにルーラーを挿入して Mac それらは、Windowsですでに見られるものと非常によく似ています。

開始するには、プログラムを開始し、アイコンをクリックして作成します Documento  空の (または既存のファイルを開く)、タブをクリックします ビスタ 上部にあり、アイテムにチェックマークを付けます ルーラー/ルーラー。

または、メニューを押します ビスタ プログラム(Wordウィンドウを縮小サイズで表示したときにMacバーに表示されるプログラム)をクリックし、項目をクリックします。 定規 その中に置いて、チェックマークを付けます。

あなたはXNUMXつ必要です 垂直定規?

メニューをクリックします 単語 左上にあります(表示されない場合は、Macの上部バーにマウスを置いてください)。 好み そして、アイコンをクリックします ビスタ.

最後に、オプションを見つけます ウィンドウ要素を表示 記事の横にチェックマークを付けます 縦定規.

Word Onlineにルールを挿入する

現在、WordOnlineでルーラーを表示する特別な機能はありません。WordOnlineは無料バージョンのWordで、 ブラウザ.

ただし、境界線、余白、間隔などを変更する機能が必要な場合は、フォーム内で使用可能なボタンとボックスを使用できます。 ページレイアウト、この目的のために正確に設計されています。

携帯電話やタブレット用のWordにルーラーを挿入する方法

この記事の執筆時点では、携帯電話やタブレット用のWordアプリでルーラーを表示することはできません。 Android e iOS.

ただし、ルーラーがドキュメント内の余白とスペースを変更する必要がある場合は、プログラム画面の特別な機能を使用できます。

行間隔と段落間隔(利用可能な場合)を変更するには、アイコンをタップします 編集 (形式で とする  鉛筆)とアイコン 段落/行間のスペース、セクションに配置 ホーム、はい、あります 携帯電話.

En タブレット 代わりに、カードを押す必要があります ホーム/ホーム アイコンをタップします 段落.

の機能 一方、マージンはセクションに配置されます ビスタ アイコンを押すことでアクセス可能なアプリケーションの 鉛筆で (携帯電話の場合)または同じ名前のカード(タブレットの場合)に触れることによって。