今日、車のアラームはあなたの車を保護するのに効果的であると同時に必要ですが、多くの車にはすでにアラームが取り付けられていますが、他の車にはアラームが必要です、ここで知ってください 車のアラームをインストールする方法 ステップ。

インストール方法-car-alarm-1

車のアラームをインストールする方法は?

あなたが自分でアラームをインストールしたい人の一人なら、ここで私たちはあなたに話します 車のアラームをインストールする方法 一連の簡単なタスクに従う:

インストールを計画する

まず、設置計画を立てます。事前にアラームの設置プロセスを計画することで、どこから設置を開始するかを考える時間を節約できます。 車の配線の色、場所、極性を指定した文書やマニュアルを見つけることは、多くの問題なくプロセスを開始するために不可欠です。

各車のドアを調べて、ダッシュボードの「ドアオープン」インジケーターがすべてアクティブになっていることを確認します。 いずれかのドアがダッシュインジケーターを作動させない場合、ドアが改ざんされてもアラームは鳴りません。

アラームの多くには、ドアが開いたときにアラームをアクティブにする追加のピンスイッチがあります。 サービスマニュアルのすべての配線図を確認し、削除する必要のあるパネルを確認してください。

車の警報ユニットを設置する

まず、車のアラームを取り付けるために必要なケーブルにアクセスできるように、いくつかの必要なパネルを取り外す必要があります。 ほとんどの場合、いくつかのパネルの発見には、運転席側のダッシュボードにあるパネルが含まれます。

これらのパネルは各車のモデルによって異なるため、正しいパネルを見つけるにはサービスマニュアルを参照することが重要です。

車のアラームは目立たない場所に設置してください。 スペースが許せばダッシュの内側または座席の下で通常行われます。泥棒がそれを改ざんするのを防ぐために、アラームは表示されるべきではないことに注意してください。

アラームを設定するには、ワイヤーやその他の部品を誤ってねじ込まないように、ねじ込む前に必ず表面の反対側を確認してください。

次に、サイレンを見つけて、ワイヤーがしっかりと固定されていることを確認する必要があります。通常、ヒーターコアホースと一緒にワイヤーを配線するとうまく機能します。

ファイアウォールの摩擦による損傷や短絡を防ぐために、ケーブルをゴム製のブーツで絶縁することが不可欠です。

また、ケーブルを配置するときは、運転中にケーブルを蹴ったり引っ張ったりしないように、ペダルの近くにケーブルを置き忘れないように注意する必要があります。

今こそサイレンを設置するときです。サイレンは、十分なスペースがあるので、ファイアウォールの近くまたはエンジンコンパートメントの別のスペースに取り付けることができます。 水がボイスコイルに入るのを防ぐために、サイレンを常に逆さまにすることを忘れないでください。

接続を配線します

警報システムにはバレットスイッチがあり、警報モジュールの外側にあるケーブルです。 このスイッチを使用すると、いつでもアラームをアクティブまたは非アクティブにできます。

アラームシステムのLEDライトをオンにして、アラームがアクティブであることを確認します。 一般的に、このライトはダッシュボードの小さな穴に取り付けられます。 このライトは、損傷を防ぐために接着剤を使用して固定されています。

この穴を開けるために穴を開けるときは、必ず 両方 パネルの ドリル 他のアイテムをヒットまたは損傷します。

外部アンテナを使用する場合は、外部アンテナを配置して、 リモコン このようにワイヤレスは、車外からのコマンドコマンドをより適切に受信し、すぐにアラームモジュールに送信されます。

ほとんどのアンテナは、車のガラスまたは風防に取り付けられています。 つまり、それらを取り付けるときは、ガラスの外側に小さなレシーバーを配置し、同じガラスの内側にリピーターを配置する必要があります。

信号は、穴を開ける必要なしにガラスを通して送信され、リピーターケーブルはアラームモジュールのアンテナケーブルに接続されます。

サイレンワイヤーを接続します

次に、サイレンワイヤーを接続します。サイレンワイヤーは、マイナスとプラスのXNUMX本のワイヤーである必要があります。 車のアラームの大部分は正の電気負荷によってトリガーされるサイレンを発するため、アラームユニットは正のサイレンワイヤーとアースに接続された他のサイレンワイヤーに接続する必要があります。

アラームセンサーを接続します

他に行う接続はセンサーの接続です。何かが場違いであることを示し、サイレンをすぐにアクティブにする責任があります。

これらのワイヤーは、車のアラームと、ドアが開いているかどうかを示すワイヤーに接続する必要があります。 これは、中央ロック付きの車のアラームを取り付ける方法です。スプライスまたは接続がよりしっかりするように、すべての接続を圧着することをお勧めします。

電源コードを接続します

接続の配線を完了するには、アラームモジュールの電源ケーブルをに接続する必要があります バッテリー または他の一定の電源に。

これにより、車がオフの場合でも、アラームに常に電源が供給されます。 プロセスのこの時点で、アラームがアクティブになっているはずです。

車両パネルを交換し、必ずそれらを 正しい方法 すべてのパネルが所定の位置に完全に収まるように、疑問がある場合は、サービスマニュアルを再度参照してください。

車のアラームをインストールする方法:いくつかのヒント

警報システムが設置されたら、最初にすべきことは、故障や損傷を確認するために、すぐにそれをテストすることです。 スプライスや接続を行う前に、ケーブルの各極性をテストすることが非常に重要です。

正しいツールが手元にあるはずです。その中には、抽出ツール、ワイヤーストリッパー、ドリル、ビット、ケーブルクリンパー、溶接ガン、ケーブルナットなどがあります。

この投稿がおもしろいと思ったら、次の記事をご覧ください。 PCでアラームを設定する方法、リンクを入力して、このタイプの通知をアクティブにする方法と、高速で快適かつ簡単な方法で通知を構成する方法を確認してください。