わからない場合 4チャンネルアンプの取り付け方 ?、この記事では、この手順を問題なく自分で実行し、ミュージシャンにとってこの不可欠なガジェットを楽しむことができるように、必要なすべてを説明します。

インストール方法-4チャンネルアンプ-1

4チャンネルアンプの取り付け方は?

このセクションは4つのサブセクションに分かれます。XNUMXつは電気部品の設置全体で構成され、もうXNUMXつはサウンド自体の設置で構成されます。これは、XNUMXチャンネルアンプの設置方法をすでに知っている必要があるためです。ガジェットが正しく機能するように、連携して機能するXNUMXつのインストール方法があること。

アンプを取り付ける際の不便を避けるために、次の手順を段階的に実行してください。

電流をアンプに接続する手順

  1. まず、「アース配線」を設置する適切な場所を見つけることです。 良好な電気伝導性を確保するために、完全にきれいな金属シートにすることをお勧めします。 このようにして、私たちはそれによる事故を回避します。
  2. 電気シートを見つけたら、「GND」とマークされているアンプの入力にアース線を接続します。
  3. 次のステップは、アンプのREM入力に「リモート配線」をインストールすることです。ここでは、デバイスを「カーステレオ」に接続します。 単に両方のデバイスを接続するだけでなく、これにより、«カーステレオ»をオンにすると、アンプが自動的にオンになります。
  4. 最後に、「電流配線」を使用する必要があります。これは、アンプが機能するために必要な電圧番号がマークされている場所に使用されます。 電源ケーブルには「ヒューズホルダー」が組み込まれている必要があり(ヒューズが内部にある)、アンプをオンにする必要がある電圧を知っている必要があります。そうしないと、アンプが起動または焼損する可能性があります。電気的過負荷。

オーディオをアンプに接続する手順

4チャンネルのアンプを使用しているため、4つの入力が表示されます。 これは、最大XNUMXつのホーンを設置する能力があり、それぞれに正極と負極の接続があるためです。 その量の入力/出力があります。

  • 次に、それぞれの側に対応するスピーカーを接続します。 つまり、LEFT(その翻訳では左)では、左側のスピーカーを接続し、RIGHT(右)は右側のスピーカーに接続します。
  • 次に、ホーンの各極を、アンプの対応する各入力に接続します。 プラス入力「+」の正極ケーブル、マイナス入力「-」の負極ケーブル。

インストールを成功させるには、すべてが正しく接続され、所定の位置にあることが重要です。

  • これが完了したら、アンプを反転させます。 ここでは、複数のオプションとコネクタ用のより多くの入力を備えたパネルが表示されます。 これらの新しい入力では、ここでRCAケーブルを接続します。 それは私たちのアンプと«カーステレオ»の間の別の接続になるでしょう。 これらの入力では、左側のスピーカーを、反対側のスピーカーにも対応するRCA入力に接続します。

この接続を介して、最後のステップは、オーディオ信号自体が送信され、次に、接続されているスピーカーを介して再送信されることです。 4チャンネルのアンプなので、XNUMXつの入力があります。XNUMXつはリアスピーカー(左と右)に対応し、他のXNUMXつはフロント(右と左に等しく)に対応します。

あなたのインストールの場合 4チャンネルアンプ 自分の車で、上記と同じ手順に従います。 音と電気の両方のインストールは同じになります。 電源の場合は、 バッテリー それのためにあなたの車の; 一方、アースケーブルは同じシャーシに接続されます。

この投稿がおもしろいと思ったら、次の記事を読んでください。 車のアラームを段階的にインストールする方法

必要なコンポーネント

インストールするとき 4チャンネルアンプ、特定のコンポーネントを自由に使用できるようにする必要があります。 これらは最も重要です。さもないと、インストールは成功しません。 これらの要素は次のようになります。

  • 4チャンネルアンプ。
  • ヒューズホルダー:責任のあるデバイス 番人 ヒューズの内側。 この要素が持つ必要のあるアンペア数のレベルを知るために、アンプの表示を読む必要があります。
  • 電源配線:必要な電気エネルギーを渡すために使用されるケーブルです。
  • アース配線:電流を迂回させるのは保護導体です。
  • リモート用ケーブル。
  • RCAケーブルのペア:オーディオ信号を送信するケーブルになります。
  • スピーカーケーブル。

アンプのいくつかの機能

手順を正しく実行した場合は、 4チャンネルアンプの取り付け方法。 ここで、このデバイスの機能のいくつかを説明して、それらを考慮に入れます。

  1. FADERオプションを使用すると、スピーカーの信号強度を個別に(OFF、それぞれ個別に)制御できます。 またはその一方で、すべて一緒に(ON)。 これにより、サウンドバランスをより適切に制御し、好みに合わせることができます。
  2. INPUT LEVEL:アンプに入る電圧強度に対応し、アンプが正しく機能するようにします。 音に乱れや歪みが多いと聞いた場合は、レベルLOWを選択します。 逆に、強度が非常に低いことがわかった場合は、レベルHIをアクティブにします。 .
  3. AMP1およびAMP2コントローラー:これらのコントローラーは、スピーカーからの信号を制御するために、FADERで使用するコントローラーです。 フェーダーがオンの場合、AMP1と2は一緒に機能し、オフの場合は別々に機能します。

もちろん、もっと多くのオプションがありますが、これらが主なものです。 残りは、サウンドとボリュームの設定も制御します。

提言

アンプのメンテナンスに必要な仕様が記載されているので、アンプの取扱説明書をお手元にご用意ください。 さらに、それを効率的に操作するために満たす必要のある要件を提供し、それによって損傷を回避します。

取扱説明書をお持ちでない場合は、こちらからご覧いただけます。 インターネット、お持ちのアンプのモデルによって異なります。 また、友人(同じモデルを持っている)または専門家に相談して、インストールを支援することもできます。

次のビデオでは、アンプの取り付け方法をグラフィカルに確認できます。 明確でない場合、または疑問がある場合: