Okの使い方 Googleポリシー . «OK Google«。 最近、このフレーズが友達から何度も話されているのを聞いて、興味をそそられて、この音声コマンドの目的とデバイスでの使用方法を理解するためにGoogle検索を実行しました。

このチュートリアルの次の段落では、私は教えます OKグーグルの使い方 en Android, アイフォン y Googleホーム、マウンテンビューの巨人が販売するスマートスピーカー。

OkGoogleをステップバイステップで使用する方法

基本情報

このチュートリアルの中心に入る前に、それを詳細に見る OKグーグルの使い方、あなたに提供するのは私の義務です 予備情報 この機能とは何か、誰がどのように使用できるかを説明しています。

「OKGoogle」はあなたが呼び出すことができる機能です Google Assistant 画面に触れたり、音声コマンドを使用してさまざまなアクションを実行したりする必要はありません。

たとえば、検索できます インターネット、 確立する リマインダー、天気情報などをリクエストします。

それらを使用するには、 Androidデバイス 少なくともバージョンに更新 4.4 インクルード OSの 少なくともバージョン3.5以降をインストールしている必要があります Googleアプリケーション.

Google Ok機能を使用するには何をする必要がありますか? 最初にそれをアクティブにする必要があります、あなたは音声コマンドを言う必要があります«OK Google»または«ちょっとグーグル«。 そして話を始めましょう:問題の機能をアクティブにして使用するためのステップバイステップのガイドをさせてください。

GoogleがAndroidでどのように機能するか

最初に見てみましょう OK Googleは電話でどのように機能しますか?。 次の行では、AndroidとiPhoneの両方でこの機能を使用する方法、および画面がオフのときにこの機能をアクティブにする方法についても説明します。

AndroidでOkGoogleを使用する、最初に問題の機能をアクティブにする必要があります。 これを行うには、デバイスでGoogleアプリを起動し、ボタンをタップします (…)その他 右下に表示される画面でアイテムを選択します 設定>音声.

アイテムを選択してください ボイスマッチ セクションに存在する OK Google 開いた画面で、 ON 文言の横にあるスイッチレバー Voice Matchでログイン.

このように、画面がアクティブなときに、音声コマンド「OK Google」を発声して、アシスタントと話し始めることができます。

問題の構成を初めてアクティブ化した場合は、音声署名を設定して認識し、再度電話をかけたときにGoogleアシスタントをアクティブ化するように求められます。

開いた画面で、ボタンをタッチします siguiente、サービスの利用規約を読み、ボタンを押します (⌵)、ボタンを押す 私は受け入れます、の «わかりましたグーグル» y « こんにちはグーグル」 画面の指示に従い、最後にボタンに触れます siguiente y ファイナル、操作を完了する。

この時点で、「OKGoogle」機能を利用する準備が整いました。 画面がアクティブになったら、コマンドを発声します «わかりましたグーグル» o 「こんにちはグーグル」 そして、「魔法のように」、Googleアシスタントのインターフェースが画面に表示されます。その時点で、必要な音声コマンドを入力して、システムからのフィードバックを待つだけです。

iPhoneで

使いたい OK Google、iPhone ? まあ、私はあなたもこれを行うことができることを知っています。 これを行うには、お使いの携帯電話にGoogleアプリケーションをダウンロードして起動し、ボタンを押します (…)その他 右下隅にあり、開いている画面でアイテムをタップします 設定>音声.

入れます O N 文言の横にあるスイッチレバー ホットワード«OKGoogle»。 このように、Googleアプリを使用する場合、コマンドを言うだけでウィザードを取得できます « OKGoogle» (を押す代わりに マイク 画面に表示されます)。

Androidの前の章で見たものとは異なり、iPhoneでは、どの画面でも[OKGoogle]コマンドを使用できる機能をアクティブにすることはできません。 ただし、作成することは可能です ショートカット シリ これを行うことができます。

有効にするには、デバイスでGoogleアシスタントアプリを起動し、をタップします 照らされたディスプレイ 右下にあり、ボタンをタッチします Siriを追加.

次に、 赤いボタン パラ 記録する 音声コマンド «わかりましたグーグル» また、デバイスで「Hey Siri」機能がアクティブになっている場合(このガイドで有効にする方法を説明しました)、次のように伝えます。 「HelloSiri、OkGoogle」 Siriで音声アシスタントを「BigG」と呼びます。

画面がオフのときにOK Googleを使用する方法

それが可能かどうか知りたいですか 画面がオフのときにOKGoogleを使用する ? 答えはイエスですが、デバイスのみ Android この機能をサポートします。

それを利用するには、AndroidデバイスでGoogleアプリをもう一度開き、ボタンをタップします (…)その他 画面の右下隅に表示される画面で、アイテムを選択します 設定>音声.

したがって、セクションを特定します OK Google 画面下部にあるアイテムをタップします ボイスマッチ その中に存在し、開いている画面上で、入れて移動します O N 入り口にあるスイッチレバー Voice Matchでロックを解除.

ミッション達成! 音声コマンドを言って、デバイスのロックを解除できるようになりました OK Google。 ただし、前にも言ったように、画面がオフのときに「OKGoogle」コマンドを使用できる機能は、すべてのユーザーで正しく機能しない場合があることに注意してください。 Android搭載端末.

Googleホーム

デバイスはありますか Googleホーム ? さて、記事の冒頭ですでに述べたように、「OKGoogle」機能は有名な「BigG」スマートスピーカーでも利用できることをご存知でしょう。

すでにデバイスをセットアップしている場合は、音声コマンドでデバイスを使用できる機能を使用するだけです。

続行するには、通常のフレーズを発声して音声アシスタントを有効にするだけです «わかりましたグーグル» o "ねぇグーグル" そして、与えたいコマンドを言います(例: 「OKGoogle、今日は何がありますか?」 o 「こんにちはグーグル、今日の引用は何ですか?」).

Google Homeを停止したい場合は、 「OKGoogle、やめて」「こんにちはグーグル、やめて」 どんなときも。