Su アイフォン 写真、連絡先、ブックマーク、パスワードなどの重要なデータがすべて含まれています。 デバイスが盗まれたり、紛失したり、損傷したりして修理できない場合は、この情報のコピーを他の場所に保管しておくことが重要です。 そして、そのような場合の損失を最小限に抑えるために、それは重要です 更新 頻繁にこれらのバックアップ。 これを行う最も簡単な方法は、Appleが提案するソリューションを使用することです。

XNUMXつの主なオプションがあります。 できる iCloudを使用する XNUMXつを行う バックアップ Appleサーバー上のあなたの情報のまたは 番人 を使用してPC上のデータ iTunes。 両方の方法を以下に説明します。

オプション1. iPhoneをiCloudにバックアップする

おそらく、あなたが知らない場合でも、データはすでにiCloudで保護されています。 ただし、iPhoneでこの機能がオンになっていることを確認するには、[設定]に移動し、次の手順を実行します。

(自分の名前)> iCloud> iCloudバックアップ>オフに設定されている場合はトグルをタップします。

これにより、自動バックアッププロセスがアクティブになります。このプロセスは、iPhoneが使用されていないときに開始されますが、 無線LAN と読み込み。 「iCloudバックアップ」を有効にした直後にデータを保存したい場合は、下の「今すぐバックアップ」ボタンを押してください。 バックアップが完了すると、[今すぐバックアップ]ボタンの下に、最後に成功したバックアップの日付が表示されます。

 

すべてのAppleアカウントは5GBの無料iCloudストレージを取得します。 それ以上の場合は、必要な金額に応じて月額料金を支払う必要があります。 より多くのiCloudストレージが必要な場合は、一時停止できます アプリケーション iPhoneのiCloudメニュースイッチを使用してデータをバックアップする必要はありません。

iCloud Photo Libraryをアクティブ化することで、バックアッププロセスから写真を削除し、追加機能を利用できます。 iCloudメニューで「写真」をクリックし、「iCloudフォトライブラリ」に切り替えます。 これにより、電話が使用されておらず、Wi-Fiに接続されているときに、すべての写真とビデオがiCloudに同期されます。 それでも安全ですが、バックアップのかさばりははるかに少なくなります。

オプション2.iTunesを使用してPCにiPhoneのバックアップコピーを作成します

データを安全に保つためにクラウドに依存していない場合、またはPCにローカルコピーが必要な場合は、iTunesを使用して簡単に行うことができます。 ラップトップを使用している場合または デスク AppleはすでにiTunesを持っていますが、Windows PCを持っていて、まだソフトウェアをインストールしていない場合は、今がそれを行う時です。 後 ラン リンクされたアカウントでiTunesを使用するには、次の手順に従います。

1.充電器からのLightningケーブルを使用して、iPhoneをPCに接続します。
2. iPhoneをPCに接続するのが初めての場合は、「このPCを信頼しますか?」という画面が表示されます。 「信頼」をクリックします。
3. iTunesウィンドウの左上隅にあるiPhoneを選択します(通常、[アカウント]ボタンの下にある小さなiPhoneアイコン)。
4. Summayをクリックします。
5. [今すぐバックアップ]をクリックして、最初のバックアップを作成します。 ウィンドウの上部に、バックアッププロセスの進行状況が表示されます。

携帯電話を接続したときに自動的にPCにバックアップする場合は、[自動バックアップ]で[このPC]を選択し、iTunesウィンドウの下部にある[適用]をタップして選択を確認します。